お悩み解決・相談事例

お悩み解決 “「相続」とは?”

2015.01.21 | わかば相続相談センタースタッフ

Q.「相続」とは、どういうことをいうのでしょうか?

――A.相続は、個人の死亡により開始します。法人には相続の開始ということはありません。
相続が開始するとその時から、その死亡した個人(「被相続人」といいます。)の財産に属した一切の権利義務が相続人に承継されます。 つまり被相続人が生前に所有していた、全ての現預金、土地、建物の不動産、未納税金等の債務、有価証券などの債権及び銀行等からの借入金等被相続人の配偶者、子供などの相続人に移転し、全ての相続人の共有財産となります
銀行の預金は相続が開始した時点で共有名義となり、全ての相続人の合意が無ければ引き出すことは出来なくなります

以上が、「相続」についてです。

ご不明な点等ございましたら、お気軽に税理士法人わかばまでお問い合わせください!

 

お悩み解決 “相続税の申告納税までの流れ”

2015.01.20 | わかば相続相談センタースタッフ

Q.相続が発生した場合の相続税の申告納税までの流れを教えて下さい。
――A.相続が発生してから相続税の申告納税までの大まかな流れは下記のようになります。

 

1.被相続人の死亡(相続開始)

2.通夜、葬儀

3.遺言書の発見

4.法定相続人の確定

5.相続放棄・限定承認

6.所得税の申告と納付(準確定申告)

7.遺産分割協議書の作成

8.相続税の申告書の作成・申告・納税

 

それでは、相続が発生してから相続税の申告納税までの詳しい流れについてもお話したいと思います。

 

1.被相続人の死亡(相続開始)

死亡診断書を添付して7日以内 に死亡届出書を、市役所、区役所などに提出します。

2.通夜、葬儀

関係者への連絡、葬儀の準備をします。

3.遺言書の発見

遺言があれば、家庭裁判所で検認手続きが必要です。検認とは、遺言書の発見されたままの状態を明確にし、後日偽造されたりしないようにするためのものです。検認前に開封したり遺言を執行したりすると5万円の過料に処せられます。相続人等立会のもとで、記載内容が確認され、検認調書が作成され、検認済み証明書が交付されます。
公正証書遺言は、検認の手続きは不要です。

4.法定相続人の確定

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等を取得し法定相続人を確定します。被相続人に子供がいるかどうか等により誰が法定相続人になるのかまた、法定相続分の割合が異なります。

5.相続放棄・限定承認

相続の放棄をしようとする者は、他の相続人の意思に関係なく、相続放棄の申述を家庭裁判所に相続の開始を知った時から3か月以内にしなければなりません。相続の放棄をした者はその相続に関しては、初めから相続人とならなかったと見なされます。
一方、相続の限定承認とは、相続によって得た財産の範囲において、被相続人の債務を承継するという制度です。プラスの財産よりも、マイナスの財産が多いときに効力を発揮します。限定承認は、相続人全員が相続の開始を知った時から3か月以内に、財産目録を作成して家庭裁判所に申述しなければなりません

6.所得税の申告と納付(準確定申告)

被相続人が、死亡した年の1月1日から死亡した日までに事業所得等の所得がある場合は、相続開始後4か月以内に申告及び納税をしなければなりません

7.遺産分割協議書の作成

相続人間で遺産の分割の協議をします。相続人全員の実印と印鑑証明書が必要となります。

8.相続税の申告書の作成・申告・納税

相続税の申告書の提出期限及び相続税の納期限は、相続開始した日から10か月以内です。この期限内に遺産分割が完了しなかった場合、配偶者の税額軽減や小規模宅地等の優遇税制の特例の適用は受けられません。但し、3年以内に分割が確定した場合はこの特例が受けられます

 

以上が、相続の発生からの詳細です。

ご不明な点等ございましたら、お気軽に税理士法人わかばまでお問い合わせください!

 

 

 

健やか便り 2015.1月号

2015.01.14 | わかば相続相談センタースタッフ

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します!

今回の健やか便りでは、「相続税大増税」についてお伝え致します。

グルメ紹介では「火焔山 餃子房 町田店」さんを紹介させて頂いています。

ぐるなびはこちら→ http://r.gnavi.co.jp/kdx45t310000/

気になる方は、ぜひ画像をクリックしてみてください!

2015.1月号2015.1月号(裏)

「遺言」という旅支度 お悩み解決・相談事例 

2014.11.25 | わかば相続相談センタースタッフ

出会いがあれば別れがあるように、人生の旅立ちの時もいつかやってきます。

残された家族が争わずに遺産を相続できるよう、備えることも大事な旅支度のひとつ。

今回は「遺言」についてお伝えします。

 

1、「遺言」とは

「遺言」とは、遺言をする人(遺言者)が、一定の方法に従って一方的に行う意思表示です。
従って、法定相続人でない人にも、財産を分与することができます。

ただし、財産を分割する割合については一定の制限があり、これを「遺留分」といいます。

2、「遺言」の残し方

遺言は、民法の方式により従わなければ無効となりますので要注意です。

その方式は一般的に次の2つの方法があります。

(1) 自筆証書遺言

遺言者が、日付、氏名、財産の分割内容等全文を自書、押印して作成します。

メリット;  遺言者が単独で作成でき、費用がかかりません。
デメリット; 形式に不備があると無効になる場合があります。また、紛失、偽造、隠匿等の恐れがあり、
遺言者死亡後、家庭裁判所の検認の手続きが必要です。

(2) 公正証書遺言

遺言者が、証人とともに公証人に遺言内容を口述し、公証人が作成します。

メリット;  無効となることがありません。紛失、偽造、隠匿等の心配がなく確実な遺言となります。
家庭裁判所の検認の手続きも不要です。

デメリット; 手間がかかり、公証人等の手数料がかかります。

 

遺産相続で起こるトラブルのうち、遺産額5,000万円以下のケースが全体の約7割を占めるといわれています。
このトラブルを避けるために遺言も含めた生前の準備が大事です。
起こりうる揉め事の芽を事前に摘んでおければ、いざという時にも安心できます。困ったときは税理士法人わかばへご相談下さい。

町田、相模原、八王子、厚木、横浜、多摩等、
東京都及び神奈川県近郊 
それ以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡下さい。

相続対策は早めの対策が非常に大事

  • 亡くなった後家族が争わないよう対策を講じたい・・・
  • 相続税を安くする方法はありますか・・・
  • 税金がかからない贈与があるって聞いたのですが・・・
  • 不動産がたくさん残っているけど納税資金が心配・・・

初回相談は無料ですので是非お問合せください。

メールでご相談