お悩み解決・相談事例

お悩み解決 “「相続」とは?”

2015.01.21 | わかば相続相談センタースタッフ

Q.「相続」とは、どういうことをいうのでしょうか?

――A.相続は、個人の死亡により開始します。法人には相続の開始ということはありません。
相続が開始するとその時から、その死亡した個人(「被相続人」といいます。)の財産に属した一切の権利義務が相続人に承継されます。 つまり被相続人が生前に所有していた、全ての現預金、土地、建物の不動産、未納税金等の債務、有価証券などの債権及び銀行等からの借入金等被相続人の配偶者、子供などの相続人に移転し、全ての相続人の共有財産となります
銀行の預金は相続が開始した時点で共有名義となり、全ての相続人の合意が無ければ引き出すことは出来なくなります

以上が、「相続」についてです。

ご不明な点等ございましたら、お気軽に税理士法人わかばまでお問い合わせください!

 

町田、相模原、八王子、厚木、横浜、多摩等、
東京都及び神奈川県近郊 
それ以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡下さい。

相続対策は早めの対策が非常に大事

  • 亡くなった後家族が争わないよう対策を講じたい・・・
  • 相続税を安くする方法はありますか・・・
  • 税金がかからない贈与があるって聞いたのですが・・・
  • 不動産がたくさん残っているけど納税資金が心配・・・

初回相談は無料ですので是非お問合せください。

メールでご相談