お悩み解決・相談事例

「遺言」という旅支度 お悩み解決・相談事例 

2014.11.25 | わかば相続相談センタースタッフ

出会いがあれば別れがあるように、人生の旅立ちの時もいつかやってきます。

残された家族が争わずに遺産を相続できるよう、備えることも大事な旅支度のひとつ。

今回は「遺言」についてお伝えします。

 

1、「遺言」とは

「遺言」とは、遺言をする人(遺言者)が、一定の方法に従って一方的に行う意思表示です。
従って、法定相続人でない人にも、財産を分与することができます。

ただし、財産を分割する割合については一定の制限があり、これを「遺留分」といいます。

2、「遺言」の残し方

遺言は、民法の方式により従わなければ無効となりますので要注意です。

その方式は一般的に次の2つの方法があります。

(1) 自筆証書遺言

遺言者が、日付、氏名、財産の分割内容等全文を自書、押印して作成します。

メリット;  遺言者が単独で作成でき、費用がかかりません。
デメリット; 形式に不備があると無効になる場合があります。また、紛失、偽造、隠匿等の恐れがあり、
遺言者死亡後、家庭裁判所の検認の手続きが必要です。

(2) 公正証書遺言

遺言者が、証人とともに公証人に遺言内容を口述し、公証人が作成します。

メリット;  無効となることがありません。紛失、偽造、隠匿等の心配がなく確実な遺言となります。
家庭裁判所の検認の手続きも不要です。

デメリット; 手間がかかり、公証人等の手数料がかかります。

 

遺産相続で起こるトラブルのうち、遺産額5,000万円以下のケースが全体の約7割を占めるといわれています。
このトラブルを避けるために遺言も含めた生前の準備が大事です。
起こりうる揉め事の芽を事前に摘んでおければ、いざという時にも安心できます。困ったときは税理士法人わかばへご相談下さい。

セミナー情報

2014.11.25 | わかば相続相談センタースタッフ

年金&介護というセカンドライフにとって重要なテーマについて、
社会保険労務士、ケアマネージャーとしてご活躍されている専門家を招き、
それぞれの立場から話をさせていただきます。

第1部 年金セミナー「知っておきたい年金いろいろ」
第2部 介護セミナー「親の介護と自分の老後に備える」

わかば相続相談センター

2014.06.29 | わかば相続相談センタースタッフ

わかば相談センターは、税理士法人わかば・わかば行政書士事務所ポータルサイトです。相続に関して経験豊富な専門家が親切丁寧に対応致しますので安心してご相談下さい。

あなたの財産を守りたい。

相続するのは財産だけではないはずです。大切な家族のために親から子への想いを伝え、感謝の気持ちを持って、親から子へ、そして子から孫へ安心して財産の移転ができる相続であって欲しい。これが、わかば相続センターの切なる願いです。

一緒に相続について考えませんか?

町田、相模原、八王子、厚木、横浜、多摩等、
東京都及び神奈川県近郊 
それ以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡下さい。

相続対策は早めの対策が非常に大事

  • 亡くなった後家族が争わないよう対策を講じたい・・・
  • 相続税を安くする方法はありますか・・・
  • 税金がかからない贈与があるって聞いたのですが・・・
  • 不動産がたくさん残っているけど納税資金が心配・・・

初回相談は無料ですので是非お問合せください。

メールでご相談